スルフォラファン副作用

【KAGOMEカゴメ】スルフォラファンサプリメントの副作用について!

【カゴメ】スルフォラファンサプリメントの気になる副作用を徹底検証!

今、医学界からも熱いまなざしで注目されているスルフォラファン

 

スルフォラファンには、肝臓の解毒酵素の働きを高めて
体内の発ガン物質を解毒して体の外に排出する強力な作用があります。

 

日ごろの健康を考えて、または癌予防を考えて
これからカゴメのスルフォラファンサプリメントの使用を考えている人もいると思うのですが、

 

使用する前にたしかめておきたいのが、
スルフォラファンの副作用ですよね。

 

今まであまり聞きなれなかった、高い発ガン予防効果のある
スルフォラファンですが、基本的の副作用はありません

 

スルフォラファンは水溶性の成分ですので、仮の過剰摂取したとしても、
体内に蓄積されることはありません

 

既にアメリカでは成熟ブロッコリーの20〜50倍のスルフォラファンを含む
ブロッコリースプラウトをサラダとして食べたり、サンドイッチやブロッコリーに
入れて日常的に食べたりしています。

 

これまでスルフォラファンを摂取して何か副作用が出たという報告もありません

 

なので、

 

カゴメのスルフォラファンサプリメントをこれから始めようと考えている人も
副作用の心配をする必要はありませんよ。

 

カゴメのスルフォラファンサプリメントの服用は1日3粒が目安です。

 

用法を守らず過剰に摂取すると
用法をきちんと守っていれば副作用の心配も不要ですよ。

 

KAGOME スルフォラファンサプリメント

ブロッコリーの食べ過ぎは要注意!

カゴメのスルフォラファンサプリメントや、
ブロッコリースプラウトでスルフォラファンを摂取するのは問題ありませんが、

 

中には成熟したブロッコリーを大量に食べてスルフォラファンを摂取しようとする人がいます。
成熟したブロッコリーはスプラウトの状態より1/20もスルフォラファンが減少していますので、

 

成熟したブロッコリーをたくさん食べるのはあまり効果は期待できません。

 

さらに、

 

成熟したブロッコリーには、甲状腺肥大を誘発する可能性のある
ゴイトリンという物質が含まれています。

 

また、インドールと呼ばれる物質も含まれており、インドールの中には、
インドールグルコシノレートと呼ばれるそれ自体が発ガン物質と考えられているものもあります。

 

なので、

 

スルフォラファンを摂取しようとして、成熟したブロッコリーをたくさん食べるのは
やめておいたほうがいいですよ。

 

カゴメのサプリメントは、ブロッコリースプラウトにはこうした副作用の恐れのある
成分は含まれておりませんので、ご安心下さい。

恐るべきスルフォラファンの力!

既に知っている人もいると思うのですが、
スルフォラファンには以下の作用があるのです!

 

  • 発ガン物質を解毒する作用
  • 体内の癌細胞を死滅させる作用
  • ピロリ菌を敵対する作用
  • 活性酸素を無害化する作用

 

特に、身近に癌にかかった人がいる方や、健康維持のために何か始めたい、
と考えている人には、スルフォラファンはまさにピッタリの成分!

 

スーパーマーケットの生鮮食品売り場にはブロッコリースプラウトが
販売されていますが、毎日これを買って食べるのも大変ですよね。

 

自宅で栽培している人もいたりしますが、栽培してみると思うように日光があたらなかったっり、
日照不足からかカビが繁殖してしまったりとなかなか難しいものです。

 

そこで、役に立つのがカゴメのスルフォラファンサプリメントですよ!
食品業界大手のKAGOMEのサプリメントですし、いつでもどこでも飲める手軽さが大人気ですね!

 

 

KAGOME スルフォラファンサプリメント