使用する前に知っておきたい副作用を公開しているサイト!

セロトアルファの副作用について

↑セロトアルファ公式サイト↑

 

 

  • 夜なかなか寝付けない・・・
  • 何事にもやる気が出ない・・・
  • 何をやっているときも不安が頭をよぎる・・・
  • 何かにつけてすぐにイライラしてしまう・・・

 

こんな心の問題でお悩みの方の強い見方のサプリメント、

 

 

セロトアルファ!

 

 

脳内のセロトニンが不足することで生じる様々な心の問題を和らげてくれる
非常に効果の高いサプリメントですよね。

 

これからセロトアルファの購入を考えている人もいると思いますが、

 

「セロトアルファに副作用の問題はないかどうか」

 

飲む前にちゃんと知っておきたいですよね。

 

よく、抗うつ剤や抗不安剤として診療内科で処方される以下の薬は副作用がたびたび指摘されます。

 

  • パキシル
  • フルボキサミン
  • セルトラリン
  • ルボナックス

 

 

よく知られている副作用としては、セロトニンを摂取しすぎることによる
セロトニン症候群とよばれる副作用と、服用を急にやめたことによる中断症候群です。

 

セロトニン症候群は、脳内のセロトニンの濃度が高まることによって以下の症状が出ることがあります。

  • 心拍数の急上昇、吐き気、混乱、パニック、頭痛、以上な汗の発汗・・・

 

時間の経過と共にセロトニンの濃度が減少することにより症状は治まってきますが、
最悪の場合は呼吸困難による死の可能性もあるため注意が必要です。

 

また、

 

薬を急にやめた時にも中断症候群と呼ばれる副作用が出ることがあります。

  • めまい、吐き気、フラッシュバックによる心のパニック症、極度の不安、急激な発汗・・・

 

医師のよって処方される主に抗うつ剤にはこういった副作用があるので服用には注意が必要です。

 

サプリメント「セロトアルファ」をこれから飲み始めようとお考えの人もこういった副作用があるのでは?
と考える人がいますが、ご安心下さい。

 

セロトアルファには、SSRIをはじめとする抗うつ剤のような副作用はありません。

 

SSRI・選択的セロトニン再取り込み阻害薬は、
セロトニンを放出するシナプス神経細胞が再びセロトニンを取り込むのを阻害することで、
脳内のセロトニン濃度を高める作用があります。

 

一方の

 

セロトアルファは、
大麦発酵酵素の働きによってセロトニン、ドーパミンをはじめとする神経伝達物質の
長れをスムーズにする働きがあります。

 

つまり、抗うつ剤とは全く違う働きで現代人の心の平静をサポートするサプリメントなのです。

 

なので、

 

抗うつ剤のような副作用はセロトアルファにはありませんのでご安心下さい。
ただし、現在診療内科、精神科で何かしらの薬を服用している人は念のために
医師の診断を受けたほうがいいですよ。

 

 

まとめておきますと、

 

 

セロトアルファの副作用について

  • 健康な人で現在何か薬を服用している人でなければ、基本的に副作用はありません
  • これまで何か副作用の症状が出た事例もありませんのでご安心下さい。

(セロトアルファは、SSRI・抗うつ剤とは以下のように作用が全く異なるものです。)

 

SSRI等の抗うつ剤

シナプス神経回路でセロトニンを再取り込みするのを阻止してセロトニン濃度を上げる作用

 

セロトアルファ

大麦発酵酵素の働きにより、セロトニン、ドーパミンといった神経伝達物質の流れをよくする作用

 

副作用も心配なし!セロトアルファ!